2006年01月07日

昔の記事を引っ張り出して。

少し前に、正直であるということ。という記事を書きました。

これに対して、久しぶりにコメントを頂いて、また色々考えさせられたのもあって、また似たようなことを書こうかなと思っております。

俺は嘘は嫌い。と常々言ってます。
でも正確には、人を騙して自分だけ利益を得ようとする曲がった根性が嫌いなんです。
あとバレるような嘘をつく浅はかさとかね。

人は誰でも「自分」というフィルターを通してしか世界を見ることができません。
ということは、「自分」が本当だと認識すれば、真偽は関係ないんです。
言い換えれば、というか突き詰めれば、自分が納得できれば嘘も本当も善も悪もどうだっていいんじゃないでしょうか。



俺は電車に乗っています。

電車はとても混雑していて、互いに密着しながら動くこともできません。

そんな俺の目の前に、可愛らしい顔の女性がいます。

よく見ると女性の表情がひきつっています。

彼女は身体をくねらせ、何かから逃げようとしているようにも見えます。

俺はそんなこともお構いなしにスカートの中に手を入れると、身体のラインをなぞるように手を動かしています。






これ読んで俺が変態だと思った人へ。
それが「自分」というフィルターです。

俺は痴漢もしてないし変態でもありません。
いや変態か?
いやでも俺か変態かどうかはこの際いいですね。うん。

この文章、目の前の女性がスカートを履いているとは一言も書いてません。
俺がスカートを履いていたというのも考えられます。

さらに言えば、彼女が何から逃れようとしていたのか、そんなこたぁ知ったこっちゃないです。
「俺の手」なんて書いてないですから。
書いてあるのは「俺がスカートの中に手を入れた」ということ。
俺が自分で履いてるスカートの中に手を入れて自分の身体のラインをなぞっていたとも読めます。

もっと言ってしまえば、女性は立っていましたが、俺が立っていたとも書いてません。
俺が座って自分のスカートの中に手を突っ込んで何かしらしてたと読めなくもないんです。




いや違う違う結局お前変態じゃんとかそういうことじゃなくて。
あくまで例文ですから決してこういう願望とかましてや現実とかでは全然そういうんじゃないですから。

書いてて気付いたけどどの解釈しても俺変態じゃんorz


えと。
何が言いたいかと言うと。

俺が痴漢してたか変態行為をしてたかは、実際のところどうでもいいんです。
この文章を読んだ人が、俺の鬼畜っぷりを想像する。
その想像に出てきた俺こそが、読んだ人にとっての真実なんです。

世の中は、そういうそれぞれの真実で成り立ってます。
だから本当のことなんてどうでもいい。

自分以外の人のことをどうでもいいって言ってるわけじゃないんです。
自分以外に大切な人がいるなら、その人の真実を操作してあげる嘘も、時には優しさといえるんじゃないでしょうか。

嘘が嫌いだから本当のことしか言わないステレオタイプな人間なんて大した価値もない。
機械と同じじゃないか。
かといって嘘ばっかついてる人間も嫌い。
人間て、そんなに極端な生き物じゃない。
往々にして中途半端で矛盾した要素をたくさん持った生き物なんですよね。
そのくせ他人に多くを求める。
もちろん俺もその範疇です。

未熟だから、自分では全部持ちきれないから、捨てるか誰かに持ってもらうしかないんですね。

書きたいことが後から後から浮かんでくるのに、段々何を書きたいのかわからなくなってきたのでこのへんで。

段々まとまらなくなってきたなぁ・・・^^;
posted by 膝枕。 at 22:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

キラキラ。

新年あけましておめでとうございますm(_ _)m
毎度毎度手前勝手な価値観を並べるだけの場所ではありますが、お目汚しでなければ是非とも本年も変わらずお付き合い頂ければ光栄と存じます。


さて、年も明けて3日が過ぎました。
年末年始も色々なことがありました。

年越しはお台場でした。
すっごい混んでたね。
さすがお台場。

23時55分。
VenusFortでプリクラ撮ってまして。
「年明けの瞬間は海で迎えたい」
と言われ。


ダッシュ(笑。


結局間に合わなかったんだけど、途中で景色がいい場所を見つけて、そこで2006年を迎えました。

海浜公園を散歩してたんだけど、カップルも家族連れもセレブもヤンキーもいっぱい。

クリスマスよりもラブラブムードはなくて、みんなで盛り上がろうって感じが心地よかった。
屋外テレビ観たり大道芸観たり。

その後初詣行こうってことになって、ドライブがてら都内をフラフラ。
3時くらいにたまたま浅草を通ったので、そのまま浅草寺で初詣。

明るくなってから家まで送り届けました。



↑ちなみにこれ友達の彼女との話ね(笑。
友達誘ったらバイト入ってて、たまたま一緒に居た彼女が付き合ってくれました。
普段は話し手の俺が聞き役に徹する程の強者。
でも、俺のためにスペアのマフラーを用意してくれたりする子。

いい年越しをありがとう(^O^)/


家に帰ると叔父さんが来てた。
親父と3人で飲みました。

父方が飲兵衛の家系なので、3人で飲む呑む。
やっぱり息子とか甥っ子が酒に付き合うのは嬉しいらしいね。
そんな元旦でした。




さっきね、夜の散歩してきたんです。
クソ寒い(〒_〒)


寒いと用がない人は外に出ないでしょ。
それと同じで、空気も澄んだ感じ。

雲もなくて星が瞬いてて。
風の音が耳に心地よい。

俺、お気に入りの場所があるんです。
自分の住むマンションの最上階。
階段が外付けなんで、空中散歩してる気分になれる。

13階だからさすがに寒いけど、視覚も聴覚もこの空気で一杯になるのがすごく好き。

たまらなくいい気分で、色々考えながら何も考えない感じ?
「浸る」
って表現がしっくりくる。

風って面白い。
目に見えなくて実体もない。
というか、それはモノですらなくて、なのに名前があって。
空気が流れてる「状態」だからただの空気なんだけど、人はそれに色んな気持ちを乗せて、言葉に乗せる。

ただ存在するだけで、目的はない。
でも感じる者には多様に映る。
そんな風に、人に何かを残す存在でありたいと思った。



ただ通り過ぎただけ

君が笑うため

どこ吹いた風でした

くるり かざぐるま

一青窈『かざぐるま』
posted by 膝枕。 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

休憩所。

前回の記事について、色々関連づけて考えたことを書きます。
多分これが今年最後の記事になるでしょう。
ってかなります。


歴代の俺のブログに来てくれてる人は気付いたかもしれませんが、俺はこういう状況って初めてじゃないんです。

Fの時も似たような感じだったし、書いてないけど他にもあります。

辛い恋をしてる(してた)子を好きになって。
相手も俺を好きになってくれて。

そして俺は、こういう状況下で100%ふられてます。



休憩所だよね。
俺。
我ながら情けない。


理由はわかりません。
相手に聞いて下さい。
俺は聞きません。


毎回言われる言葉。
「膝枕のこと、遊びじゃなくて本当に好きだった」

そりゃね、1回なら諦めもつきますよ。
でも2回も3回も続いてごらん。
やりきれなくなるよ。
マジな話。


俺にも原因はあるんだと思います。
それも毎回共通の。

なんだろ?




ここからは特に俺の主観で書きます。
主観を客観的に。

「テメェ調子乗んな!!」
「ダメ男なだけじゃねぇか!!」
的な文句もバシバシ受け付けます。



毎回共通してること。
俺とは別の意味で、競争相手がダメ男?

なんか、前から薄々思ってたことがあって。

俺は、相手に対する気持ちを結構ストレートに出します。
好きでも嫌いでも。

好きな相手に対してはいつも大事に思ってるし、それがある程度相手に伝わるように考えてます。

当然相手が喜んでくれると思うから。
そして俺も同じように言われたいから。

それって、相手にとっては居心地がいいかもしれない。
でも、それが辛い恋愛の途中にある休憩所になってたりするんですかね?

自惚れかもしれないけど、こんなにたまたまが続くとそうも思いたくなるんです。

俺は恋愛に関しては安定を望んでるけど、そんな俺から離れていく人達はみんな振り回される恋愛に走る。

そっちの方が魅力的なのかな?

俺も、園子にもっと食い下がればよかったのかな?

多分俺は、また同じ状況で傷つくのがイヤだった。
だから諦めた。
食い下がっても無駄だったろうけどね。


別に相手も俺も悪くない。
ただ、このループがイヤなら何かを変えなきゃいけないだけ。

ま、必要に迫られれば勝手に変わるでしょ。

ということで、まとまらないけどこのへんで。

補足してくれたら嬉しいです。

それでは皆さんよい落としを☆
posted by 膝枕。 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年の瀬に。

今年も終わります。
皆さんはいい1年を過ごせたでしょうか。

さて、今年最後に2つの記事を書きます。
最後なのにこんなんでいいのかって思うけど、この年の瀬に吐き出したいと思います。
よければ読んでやって下さい。






少し前、俺にはとても好きな女の子がいました。
名前は…なんでもいいや。
その子じゃ可哀想だから「園子」ね(笑。


出会って少し経って、俺は園子を好きになりました。
園子が彼女になってくれたらいいと思ってました。

でも、園子には他に好きな男がいたんです。
仮にNくんとします。
俺はそれを知りながら、それでも会う度に彼女を本気で好きになりました。

園子の方も俺のことを好きだと言ってくれました。
それが逆に彼女を苦しめることにもなったんですが。

園子は恋愛に対して、そして人に対して真っ直ぐ向き合う子でした。
そんな園子は、2人の男を両方とも好きだったんです。
だからどっちとも付き合えないと。

Nくんが園子を好きだったのかはわかりません。
ある程度以上の好意があったのは確かですが、俺とは面識がないので。


俺は悩みました。
彼女も悩みました。
でも、俺と一緒にいる時間は楽しそうに過ごしてくれました。
勿論俺も楽しかった。

「両方好きだ」と言ってくれた園子でしたが、それでもNくんの方に傾いてるんだと俺はずっと思ってました。

それでも俺の気持ちに変わりはないし、ちゃんと園子と向き合ってる俺の方が、園子にとっていい存在だと思ってたから。

ハッキリ好きだと意思表示をしてる俺の方が、園子を幸せにできると思ったから。

だから何度も会いました。


俺ね、好きな女の子からプレゼントをもらったのって、園子が初めてだったんです。
23歳にもなって。
本当に本当に、心から嬉しかった。
園子のためなら何でもしてあげたいと思った。




ある日、俺が友達と遊んでいると、園子から着信。
「話があるから電話で話したい」

俺は友達との予定を早めに切り上げて、園子の「話」を聞きました。


「やっぱりNのことが一番好き。膝枕のことは変わらず好きだし、Nと付き合うわけではないけど、もう膝枕と友達以上の関係ではいられない」

予想はしてました。
でも、直接言われるとやっぱり辛いや。

俺はできる限り冷静でいたつもりです。
「園子がそう決めたなら、そうすればいいよ。」
俺は冷静に見えたんだろうか。
わかりません。
今となっては。
もしも俺の言い方がキツかったとしたら、ごめんなさい。



電話は俺から切りました。
決断は変わらない。
お互いに対する気持ちも変わらない。
なら、繋がってる時間の分だけ辛くなる。
そう思ったから。



「膝枕のことを好きなのは本当。それは変わらない」
「傷つけるカタチになってしまって、ごめんなさい」

言った方の痛みを言われる側に押しつけるキレイな言葉。
残念ながら俺は受け入れられませんでした。



涙は出ない。
悪あがきもしない。

こういうの初めてじゃないから。
どうにもならないのを知ってるから。

でも、何回味わっても慣れない。




最後の電話があった次の日、園子とデートの約束をしてたんです。
でもそれは、友達の彼女?と行ってきました。





この話はこれでおしまい。
あくまで俺の主観なので、実際に園子がどう思ってたかはわかりません。


もう少し書きたいことがあります。
それは年内にアップします。




最後に、園子さん。
あなたのことが本当に大好きでした。
出会ってから大して時間は経ってなかったけど、本当に本当に、誰よりも好きだったんです。
だからこそ、俺にできることはもう何もありません。
posted by 膝枕。 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

窮屈。

そうさ俺は 最低の人間

ホントのことだけ 書いてもいいぜ

書いたらみんなを ビックリさせる

だから 今 じっくり耐える

やめる やめない  させる させない

俺が選んだチャンネル 変えない

意味が分かんない 途中リタイア

弱さよ灰になり 宙に舞いな

ワガママだって 当然

君はわかってるよね??

足伸ばしてこうぜ 希望ともせ

KREVA『希望の炎』



最近更新してませんでした。
書きたいことはたくさんあるんだけど、書きたくないというか。

書いたらみんなをビックリさせる。

だから 今 じっくり耐える

本当にそんな感じ。
元々あけすけな性格だから、こんな状況イヤなんだけどね。
何でも自由に言いたいし、自由に書きたい。
でも、荷物を持てば自由に動けなくなるのは当たり前なのかな。

会社も学校も仲間内もネットも、自由に歩き回れる場で何かを拾っちゃうと、やっぱり足取りは重くなるわけで。
だからって手ぶらは寂しい。
何でもかんでも抱え込んで、何も出来なくなる自分は嫌いだな。
一人でフラフラ渡り歩いてるのが一番性に合ってる気がするけど、たまに寂しかったりして。

う〜ん。
書けないならブログなんかやってる意味ないのかな?
posted by 膝枕。 at 23:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

夢を与える仕事。

今年も冬がやってくる。街が灯りと笑い声でいっぱいになる日が近づいてくる。
もうすぐクリスマス。


でも、今年も彼とは一緒にクリスマスを過ごすことはできないんだろうな。

彼はいつも仕事の話になると話をそらす。
この時期になると、決まって忙しそうにしてる。

言わなくても私には分かってる。
クリスマスには、世界中の子供達が彼を待ってるんだ。




―そう、きっと私の恋人はサンタクロースなのだ―



彼はそんなことあるわけないって笑ってた。

何も言わなくていい。
私は、そんな彼を愛しているのだから。


街中の人々がクリスマスを祝っている。
私も、愛する家族と楽しい時間を過ごす。

ここに彼が居てくれたらどんなにいいだろう。

子供達も、父親がいないクリスマスは慣れっこで、「今年はサンタさん何くれるかなぁ車
なんてはしゃいでいる。
本当に、今年は子供達に何をプレゼントしてくれるのだろう。



子供達が寝静まった後、私は一人で彼の帰りを待つ。
いつもこうだ。
でも、毎年気がついたら寝てしまっているのだけど。

今年は何故か、彼の働く様を見てみたいと強く思っていた。

ちょうどその時、遠くから鈴の音が響いてくる。
そして、すぐ近くで音が止んだ。


来た!


すぐさま子供部屋に走ると、勢いよくドアを開けた。

中に入ると、真っ赤な衣装と白い髭に身を包んだ男が、子供達の枕元にプレゼントを置いているところだった。

「あなた!あなたなのね!」

「何を言ってるんだ。僕は君なんて知らない」

「とぼけなくてもいいの!私、ずっと知ってたんだから!」


そう言うと、おもむろに彼の髭と帽子を脱がそうと手を伸ばす。

「やめろ!僕は本当に君なんて知らない!」
そうして、明らかになるサンタクロースの素顔―









10分後、私は晴れ晴れとした表情で外を眺めていた。
鈴の音が、ドンドン遠ざかっていく。


髭と帽子をはぎとられたサンタクロースは、私の愛する彼ではなかった。

そう、彼はサンタクロースじゃなかった。

でもいいの。
彼の正体もわかったし。
でも、これからもクリスマスを彼と一緒に過ごすことはできないだろう。







クリスマスの暗い夜空を走るためには、彼の真っ赤なお鼻が必要なのだから。
posted by 膝枕。 at 01:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

風邪引いた。

風邪ひきました。

ものすごく弱ってます。
俺を狙うなら今です。
命も貞操も。

だって39℃超えたの久しぶり。
今日は学校早退しちゃいましたよ。

そんな中、俺のことをすごく心配してくれた人がいました。
ずるいよ。反則。

本当に弱ってる時って、何かに立ち向かう気もないんだね。
優しくされると、本当に嬉しい。
俺のせいで傷ついたってのに、まだ俺に優しくしてくれるんだもんな。
例のIちゃんは、結構な頻度でメールをくれます。

去年、ワムのラストクリスマスについての記事を書いたことがありました。
俺は、相変わらずあの曲はあんまり好きじゃないです。

ただ、自分が傷つかない方へ、自ら甘えていくのも選択肢の一つとしてアリなんじゃないか。
そう思う。

こういうのは、俺が弱ってるからなんだろうな。
今は、一人じゃ外出もできません。
パソコンいじるのも疲れる。

Iちゃんのこと、少し前までは本当に辛かった。
多分好きにならないと思うのに、向こうに言えずにいるから。
でも今、彼女の優しさがすごく大きい。
俺が元気になったら、頼る必要がなくなったら、また辛くなるんだろうか。
今甘えた分、もっと辛くなるんだろうか。

今は、何も考えたくないな。
posted by 膝枕。 at 22:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ひとりじゃないのよ・・・わかる???

もしも 強さが
君を 苦しめているのなら
何度も 歌うよ
君のために 届けるメロディー

積み重なってく 肩の荷物に
押しつぶされて 立てなくても
君の中に 僕がいること
それだけは 忘れないでね


こんなこと言われたら、今なら泣ける気がする。
たまに、誰でもいいから俺のことを愛してくれないかなって思う時がある。
俺に完全な安心をくれないかなって思う。
偉そうなこと言ってたって、結局俺はそんなに人間できてないんだよね。


もしも 弱さが
僕を 苦しめているのなら
何度も 聴くよ
君が奏でる あの音色を

心ない人の ウソやウワサに
傷ついて 立ち止まるけれど
僕の中に 君がいること
それだけで 歩いてゆける


俺のことを全部認めてくれる人が目の前にいたら、俺に対して見返りを求めない人がいたら。
俺は多分、最高の見返りをあげられる気がする。

自分が揺れてる時って、人に優しくされるのに弱い。
甘えちゃいけないって思う時もあるけど、そんな不安を消してくれるような人、俺にはるんだろうか。
自分のことしか考えてこなかったからなぁ・・・


君が ひとりを感じていたら 僕も ひとりになる
だから そんな悲しいことは 言わないで ずっと 一緒にいよう

だから
ひとりじゃないのよ わかるでしょ
君が僕の 心の奥ごと さらってく
ひとりじゃないのよ わかるでしょ
僕のハーモニー 君のハートに 重なってゆく



sonomi/ひとりじゃないのよ

KREVAと一緒に歌ってるバージョンがKREVAのアルバムに入ってたけど。
俺はこっちの方が好き。
posted by 膝枕。 at 22:41| Comment(4) | TrackBack(1) | 考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

自己犠牲の精神。

昔々のCM。
まだ俺が幼稚園だか小学校だった頃だと思う。

女は自分の大事な髪を売って、愛する男のために時計の鎖を買った

男もまた大切な金時計を売って、女のために櫛を買った

結局どちらも役には立たなかったが、2人はプレゼントよりも大切な物を手に入れ、固く抱き合うのでした。



何のCMだったかも覚えてないや。
小さいながらにいい話だと思ってた気がする。

でも、今はどうだろ。
自分を削った分だけ、相手が喜ぶとは限らないんだよね。
そのくせ重たいモン強制的に背負わすハメになる。

贈り物ばっか凝る前に、相手の懐確かめないとね。
そういうのを自己中って言うんだろうなぁ。
posted by 膝枕。 at 22:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

正直であるということ。

俺は、人を騙す嘘が嫌い。
自分が得をするために、他人を貶める行為が嫌い。

大嫌い。
許せない。

嘘が嫌いな人がいる。
嘘をつけない人がいる。
こう言えば、大抵の人は「いい人」に分類するんじゃないか。

俺は、自分がそう在りたいと思ってきました。
でも、最近それに疑問を持ち始めました。

思ってることを正直に相手に伝える。
そうした時点で、当事者間の未熟さによる落ち度みたいなもの、つまりグレーゾーンを相手に丸投げしてるんじゃないかなって思った。

こっちが正直過ぎると、それは相手を圧迫してしまうんじゃないか。

昔は、それは相手の未熟さが悪いと思ってた。
でも、俺は相手の未熟さを知ってて受け入れたんじゃないのか。
知らず知らずのうちに相手に期待してるのと変わらないじゃないか。

なんとなくそう思った。

人間関係って本当に難しい。
昨日友達に言われたんだけど、俺は自分に対して潔癖を求めてるみたい。
でも、周りには極力それを期待してないように見える。
それは、自分が完璧であれば、どんな人間でも受け入れられると思ってたからかもしれない。

でも、実際はそうじゃなかった。
それは単に「自分のことしか考えてない」のと同じこと。
相手の身になることなんて不可能じゃないか。

相手を本当に大切に思うなら、一緒に汚れてやればいいのに。
でも、それで勘違いさせてしまうのが怖い。

俺だって自分がわからなくて悩んでる。
いくら大切な人だって、丸ごと抱え込んであげられる余裕なんてないのに。
なんか何が悪いのかわかんないよ。
どうしたらいいのかわかんないよ。


あぁもう!!!!
posted by 膝枕。 at 23:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。