2005年10月30日

続・俗にいう風。

さてさて。


酔ってたもんであんまり覚えてないんだよね。
思い出すために2回に分けました。



木更津さんは俺より1つ下の千葉っ子。
木更津って源氏名のくせに、別に木更津生まれでも木更津に住んでるわけでもないらしい。
店が勝手に決めたんだって(笑。


この後は世間一般の風俗のイメージと同じようなことをしたわけですが。
あんまり詳しく書くのもアレなんでやめときます。
ここ女性率高いしね。


なんかね、酔っ払いながらも色々考えた。
本番アリの店だったけど、Hをしに行ったというよりは、エッチな遊びをしたって感じ。
営業トークを見極めた上で純粋にお客様って「役」を楽しんだ。

一夜限りの関係とかよくあるけど、そういうのとは全然違う。
風俗やってる子とプライベートで関係を持ったこともあったけど、それとも全然違った。
店の中で行われることは、純然たる接客サービスなんだよね。
そういう意味では、すごく楽しかった。
主導権は女の子にある。
男はサービス「される」側なんだから。男が何かを「してあげる」必要はない。
女の子に従って、サービスを楽しむ。

下手なバイトなんかよりも女の子の教育がシッカリしてるし、プロ意識みたいなのも感じたし。

そういう目で見ちゃってたから、裸のまま俺の服を着せてくれる彼女の体が冷え
ちゃったこととか、すごく余計な心配をして「面白い」とか言われたし^^;

あ、部屋を出る時に彼女はフロントに電話をかけた。
「木更津です。今終わりました。」
俺と話す時と口調も違うし、ビジネスだなぁってちょっと寂しくなった気がする。

彼女は入り口まで送ってくれて、別れ際にキスをしてくれた。



彼女ができないから風俗に行くとか言う人がいるけど、俺は全然別物だと思ったけどなぁ。
あれに感情移入はできないや。
木更津さんは顔も体もすごくキレイだったけど、やっぱり俺も割り切っちゃってるんだよね。
もうちょっと書きたいことあったけど、もしかしたら不愉快に思う人もいるかもしれないのでやめときます。
質問は直接メール下さい(笑。

また行こうかなぁ。



















あ、最後に。
俺、イきませんでした。
酔ってたのもあるけど、変に「観察」してたからね。





















posted by 膝枕。 at 01:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに体験したのね。オトナ〜(笑

彼女たちの仕事って世間一般には蔑まれるものだけど、お互いに余計な感情がからまない分、健全なものだと思うよ。風俗は。
人間の生理的な需要のために、なければならない供給だよね。


何でもそうなんだけど、人と仕事との関係って、本人の仕事というものの捉え方次第で変わるね。
そこに何を望むか、何ができるか、何を優先するか。
まあ、あたしは模索中なんだけどね(笑
Posted by よっちゃん at 2005年10月30日 10:56
社会的に見れば確かに底辺に近い仕事なのかもしれない。
本能に忠実な部分だし。
ただ、楽な仕事じゃないよ。
Hが好きだからとかそんな理由でやってる子なんて殆どいないだろうし。

深くも知らないで見下してる女の子って大嫌い。

俺だって模索中ですよ・・・
Posted by 膝枕。 at 2005年10月31日 23:26
風俗とか、未知の領域なので、ちょっと興味深いです。
風俗とか水商売とかで働いてる人って、尊敬とはまた違うと思うんですけど
すごいなぁって思います。私には出来ないことだと思うので。
奉仕精神というものがあまりないので、体も頭も使って奉仕するって言うのは
純粋にすごいなーと思います。
彼女たちがいるから保たれている秩序も、あると思うし。
Posted by ちゃみ at 2005年11月01日 01:08
こんにちは〜。
あたし、千葉っ子なので、別のところで面白かったです。木更津さんって、なんとなくイメージあるけど、幕張さんって、どんなイメージなんだろう…。マリンスタジアム?さらに、自分の出身地の名前の子がいるかどうかも、とっても気になります。

それはさておき、貴重な体験ができて、よかったね。
Posted by もも at 2005年11月01日 07:44
>ちゃみさん
別に見下す対象でも何でもないんですよ。
店のランクが上がれば上がるほど、教育もしっかりしてるみたいだし。
昔、気付いたら彼女が風俗で働いてたってのもありました><

>ももさん
初めまして☆
木更津さんのイメージって(笑?
源氏名と出身地は関係ないみたいです。
女の子が入店すると、空いてる地名を適当に当てはめるみたいですから(笑。
Posted by 膝枕。 at 2005年11月01日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8745495

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。