2005年10月30日

俗にいう風。

えーっと。

昨日の夜、会社の人達に俺の送別会をやってもらってたんです。
その後会社に泊まりました。

店を出たのが10時頃。
会社に着いたのが12時ちょっと前。


その間何をしてたのかというと・・・

風俗行ってました。
人生初。

送別会には俺の他に5人いたんだけど、俺が営業所に泊まるって言ったら所長も行くって言い出して。
んで残りを駅まで送ると、所長が無言で歩き出して。
千鳥足で銀行に寄って、いきなり2万手渡されて歩き出した。
所長の足は、フラフラながらも明らかにどこかに向かって。
俺が聞いても何も言わなくて、着いた先は風俗でしたとさ^^;

ちなみに本番アリの店。
ソープとかヘルスとかピンサロとか色々あるけど、俺イマイチ違いがわからないの
で、その店がどれに属すのかは知らないです。


中に入ると、純和風ってほどでもない和風のロビーがあって、そこで女の子を選ぶ。

なんかね、飲み屋のメニューみたい。
冊子の中に小さく写真がたくさんあって、オススメらしき子と新人さんは別のクリアファイルみたいなのに閉じてあって。
酔ってたけど、あんまり良い気分じゃなかったのを覚えてる。
なんか色々考えちゃって。

女の子を選ぶと、店員が引っ込んでしばらく待機。
5分くらいして所長が先に呼ばれ、俺は更に5分待機。

準備ができたのか、俺が呼ばれた。
店員の導く先にエレベーターがあって、ドアの向こうに女の子が跪いてた。
俺が指名した子らしい。

その店が千葉にあるからか、店の女の子には千葉の地名がついている。
俺が指名したのは「木更津」(ちなみに所長は「幕張」)
木更津さんはニッコリ笑って俺の手を取ると、エレベーターが動き出した。

その子の愛想がすごく良かったのと、手を握ったり身体をくっつけてきたり、スキンシップが上手かったのを覚えてます。

色々話をしながら、俺らは個室に入りました。
薄暗い照明が照らす和風の部屋。
テーブルをベッド、冷蔵庫があって、その先に風呂があった。

その子とそこでまた色々話をしたなぁ、確か。


さぁてどーする?
どーすんの俺?


どーすんのよ!!??




・・・つづーくぅ。
posted by 膝枕。 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。