2005年10月27日

ヒラキナオリ。

サツさんの@ぐるぐる@からのトラックバック。

俺は、多分(というか確実に)女癖が良い方ではない。
ので、周りの女性陣で俺のことを軽いと思ってる人は多い。
ある程度俺のことを深く知らないと、俺が単なる女好きだと思われても仕方ない(後輩♀談)

実際誰とでもHするし、彼女と長く続いたタメシもないし。
彼氏持ちの女の子の2号になったことも何度かあるし、それでいいと思ってた。

そんな話聞いて俺のことを誠実だと思う女の子なんていないんだけど。
そしてそれでいいんだけど。


言い訳させてもらうと、彼女と長続きしなかったのは単に俺の我が強かっただけ。
そして、俺は浮気は絶対にしない。
誰とでもってのは俺に彼女がいない時だけ。
彼女と上手くいってなかろうが、彼女が浮気しようが、俺が他の女の子に逃げたことはこれまで一度もないです。
まぁ、自分から「2号でもいいから」って言ってたこともあったけど、今はもうしないと思う。

「恋愛は理屈じゃない」「同時に2人を好きになったことがないだけ」とかよく言われる。
確かにそうかもしれない。
「彼氏or彼女がいるけど、別れたくないけど他に好きな人ができて、二股になってしまった」
「彼氏or彼女に問題があって、でも好きだけど誰かに甘えたかった」
そういう気持ち、わからない訳じゃない。
もしかしたら俺もそういう気持ちになるかもしれない。
彼女がいるのに、他の女の子を本気で好きになるかもしれない。

でも、俺にはできないんじゃないかな。
二股かけるってことは、両方とも好きなわけでしょ。
片方と一緒に居る時、もう片方が知ったら傷つく。
嘘つきたくない。というか俺が耐えられない。

実際俺もされたことある。
「両方とも好きで、どっちか決められなかった」
それは本心だったと思う。
でも、その子は弱かった。
自分だけで抱え込むことができずに、開き直って自分を正当化した。

俺が一番言いたいことはココ。
感情はコントロールできないこともある。
でもそれは自分の弱さが原因であって、決して逃げていいもんじゃない。

開き直って自分を正当化する奴を見ると、吐き気すら覚える。
俺の身近、友達と呼ばれる人の中にもいるよ。
アンタは強いから、鈍いから私達の気持ちなんかわからない
多分、その時点で話し合う余地なんてないんだよね。
向こうにそれだけの余裕がないんだから。
けど、俺だって受け入れてやる余裕なんかないんだ。

軽い恋愛は好き。
後を引かなくて、相手も納得してて。
そして誰にも迷惑をかけない。

気持ちが大きくなるほど、俺は潔癖になってく気がする。
それが怖い。
多分彼女から見える「我が強い」ってのはそういうことなんだろうな。
束縛したりされたりは嫌いだけど、多分何かを強制してる。

昨日書いたリーマンの記事にも繋がるんだけど、弱さは武器じゃない。
開き直った時点で、それ以上価値は上がらない。
そんな奴嫌い。


>サツさん
これが俺の価値観です。
別に誰かに押しつける気はありません。
別にサツさんを否定するわけじゃないんですよ。
posted by 膝枕。 at 20:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>俺は、多分(というか確実に)女癖が良い方ではない。
 ので、周りの女性陣で俺のことを軽いと思ってる人は多い。

やっぱりー。
ブログ読んでただけのあたしでさえ、そう思ってましたもん(笑
ごめんなさい。失礼なのはわかってるんですが^^;
もちろん今は思ってないですよ♪


膝枕さんって、強いって言うより、弱さを徹底的に嫌いますよね。
自分のも他人のも。

でもそれは膝枕さんの弱さだと思います。

>けど、俺だって受け入れてやる余裕なんかないんだ。

これも開き直りじゃないでしょうか。

嫌いになるのは簡単です。
受け入れを拒否するのも。

別に膝枕さんにその反対の行為を求めてるわけじゃないです。
ただ、あたしが弱い人間なので。
それを受け入れて欲しい人の気持ちもわかります。

>「アンタは強いから、鈍いから私達の気持ちなんかわからない」

これを言う人って、大抵理解してもらいたくて仕方が無い人なんだと思います。

ちょっとだけ、聞く耳持ってもいいと思います。
マイナスになることはないですし。
Posted by あぐ at 2005年10月27日 22:57
ベツに否定されたとは思わないですよ
(少しは思ったほうがイイのかな??)。
ワタシも浮気はゼッタイしません。
ただ「浮気の相手にもならない」というジブンの
ココロの誓いは守れなかったワケで苦しみましたが、
苦しんでもしかたないと今は思えるので
良くもワルくも開き直ってますよ、たぶん。
Posted by サツ at 2005年10月27日 23:05
>あぐさん

逆にブログ読んでるだけだから、伝わってないことも多いかもしれないね。
この文章は俺の主観でしかないから。
まぁ、軽いと思われれば、軽い恋愛希望者か、包容力ある人しか寄って来ないからいいんだけどね。

>強いって言うより、弱さを徹底的に嫌いますよね。
>自分のも他人のも。
>それは膝枕さんの弱さだと思います。

そう。まさにその通り。
フィジカルもメンタルも、自分の弱さにコンプレックスがあるから、それを認められない。
隠してても膿むだけなのにね。
それを補うものが「自信家な性格」だったって感じかな。

>これも開き直りじゃないでしょうか。

>これを言う人って、大抵理解してもらいたくて仕方が無い人なんだと思います。

それも分かってる。
けど、自分の弱さを持て余して、大事な人に押し付けるような奴の助けになるつもりなんかない。
俺は聖者でも何でもないんだよ。

とびきり優しくなりたい自分と、それを嫌う自分がいるのよ。

言ってることがほぼ的を得てて、何も言い返せません(笑。
でも、俺だってそんな人格者じゃないし、答えがまだ出てない。
自分の弱さを認めようとするので精一杯なのかも。

だから、それすら放棄しようとする人が許せないんだろうよ。




☆★だから年上好きなのかもしれない★☆


>サツさん

なんかね、そういう状況を楽しんでる人に対しての嫌悪感ってあるんです。
特に同じ男に。
まして今回のケースは男が浮気して、しかも確信犯。
俺の価値観に照らすと、苦しみこそすれ楽しむ権利なんかないんです。

覚悟とリスクって大事だと思います。
そういうとこ融通きかなくて困るんですが。
Posted by 膝枕。 at 2005年10月27日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8661160

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。