2005年09月13日

補完編・つづーきぃ。

さてさて、コメントくれた皆さん、どうもありがとうございます。

みんなのコメントで考えさせられたことってたくさんあります。
現に一人サプライズもみんなのコメントから始まったことですから。

ところで皆さんの中に、俺がまだFを好きなんじゃないかと思ってる人が多くいるように思います。



正直、完全に否定することはできません。



ただ、現時点でヨリを戻そうとする気は本当にないんです。
昔よりもFに割く時間が減ったこととか、もっと考えなきゃいけないことがあるとか、そういう色々な要素込みで、の話です。


Fから音沙汰ないことに関して、このままじゃダメだ!Fにちゃんと弁解するべきだ!
・・・と思ってる人もいるかもしれません。


本当はそう思ってる俺もいます。小さいけど確実に。
誤解を解く必要があるかもしれない。
でも、別に誤解があろうと大した問題じゃないのかもしれない。

ただ、俺は自分が間違ってるかもしれないことを承知でこのまま放置します。



ここまで俺の文章を見て、もしかしたら違和感を感じてくれる人もいるかもしれませんね。



そう、今の自分の気持ちを断言することなんかできない。

でも俺はこれでいいと思ってます。
自分が正しいかどうかわからない、自分の中にも不確定な部分がたくさんある。

それでも、俺の中の色んな要素を総合すると、必ずこの答えが出るんです。
これだけは間違いない。


全部を明らかにしなくても、答えは出る。


最近ね、人と分かり合うことが面倒になってきたんです。
「人」の中には当然俺も入ってます。

その人の全部を把握してる必要なんかないんです。
その場その場で必要な要素は決まってるんだから。
そこを見極めて、見逃さずに理解してあげればいい。


自分に関してのことも同じようなもん。
誰かに自分の全部を理解してもらう必要なんかない。
どうせ不可能だし。
その場その場で必要なことを理解してもらえるように工夫すればいい。
昔みたいに力任せにやったって、あんまり上手くはいかない。


もしかしたら、人の気持ちが分かる人ってのはこういうことなのかもしれません。
だって、完全に人を理解できる人なんていないんだから。


昔の俺がこんなこと聞いたら怒るかもしれない。
けど、より真理には近い・・・と感じる。

ちょっと寂しい。けど仕方ない。
それも必要な感情なんだから。



もしかしたら俺以外の人には理解不能な文章かもしれませんね。
誰に見せるためでもなく、ただ自分の思ったことを自分の言葉で書いてみました。
posted by 膝枕。 at 22:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「二人の人間は決して一つにはならないことを認め合ってはじめて深く結ばれる」んだってさ。
二人で一つの答えを選ぶ必要ないしね。それぞれ違う答え持って、それでも相手と手をつなぎたいと思えたら素敵。
Posted by よっちゃん at 2005年09月13日 22:44
本当にわかり合うのは逃げ水のようなマボロシかもしれない。

自分の心も変わるしね。
説明できない行動も起こすしね。

それも含めて認めてともに歩く。
自分も。愛するヒトとも。

ヒトに「こうしろよ」って言いながら、自分を叱咤激励してることに気付くもの。自分の事すらわかりません。
Posted by タケシ at 2005年09月14日 12:58
>よっちゃん
お互いに依存しないで、それぞれが恋愛を楽しむのが理想型かな。
価値観が違うのは当たり前だけど、相手のことを本当に考えてれば、簡単に別れたりしないもんね。

>タケシさん
人間だってその場その場で変わるんです。
それを全部総合したものが「その人」であって、全部見ることなんてできませんよ。
Posted by 膝枕。 at 2005年09月14日 22:34
膝枕。くん、お久しぶり。旅行から帰りました!(^^)
(ちょっと体調崩していたけど・・・)

その後もFちゃんからは何も連絡がないのでしょうか?まぁ、もうFちゃんのことなんてどうでもいい、というのであればそのままでいいんじゃないかな。サプライズを仕掛けておいてなんだけど。^_^;

人の気持ちを理解することは難しいけど、私は本当に好きな人のことだけは理解したいと思う。相手がそれを拒めば難しいけど・・・。

だけど、Fちゃんのことは諦めて正解だとは思うよ。世の中にはもっといい女たくさんいるし、何より膝枕。くんが苦しまないでいい人を探してほしいわ。
Posted by 美麗 at 2005年09月25日 09:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6890565

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。