2006年02月26日

価値観。

もう嫌だよ。

俺は、現時点で今の会社、今の業界には向いてないんじゃないかと思う。

色んな人に怒られて。
ダメ社員の烙印を押されて。

俺を個人として見てくれる人なんて社内にも社外にもいないんだって。
結局お金の付き合いでしかないんだから。

誰も頼れない。
精神的には。


どんなスポーツにも「基本となるスタンス」ってのがあるよね。
そのスポーツの全ての動きの元になる姿勢。
それが確立してないと、必ず反応が遅れる。判断力が鈍る。無駄な動きが増える。

今ちょうどそんな感じ。

俺の我が強いことは皆さんご存じのことと思いますが、それは自分のどこかに自信があったから。
自信がなくなった時、相手の言い分は正しいのか間違ってるのか、それが全くわからなくなる。
後手に回るなんてもんじゃない。
ノーガードで殴られるようなもんだ。

自分が悪いのか、相手の言い分が間違ってるのか、上司の助言は正しいのか否か。
何も分からない。
大袈裟じゃなく本当に。

「お前は判断が遅い」と言われた。
そりゃそうだ。

どこまで自分の思うようにやっていいかわからないから、人に聞こうと考える。
忙しそうな周囲を見ながら、まず「聞くべきか否か」を迷う。

・・・なんでこんな低レベルな部分でつまずいてるんだか、俺が情けない。

俺ってダメだなぁ。偉そうなことなんて何一つ言えないじゃないか。
消えたい。
posted by 膝枕。 at 23:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
消えたいなんて言わないで。
膝枕君なんか濃すぎて消そうと思ったって消えねーよ。
ほんとにダメな人には誰も何も言わないよ。
クセがあるんだよ。膝枕くんは。(いいところだよ。)
そのクセの強さを社会とうまく付き合わせることがきっといつかできるようになるって。
そのために今怒られたりしてるんだよ。
Posted by よっちゃん at 2006年02月26日 23:26
>よっちゃん

クセがある。
それは自分でも自覚してるし、それを活かせば強みになると思ってるよ。

ただね、それを活かすための地盤が、そのクセのせいで崩れてるの。

ま、大半は俺のルーズな生活と、異常なレベルの記憶力の悪さなんだけど。

それは俺の「危機感の欠如」に起因してて、それこそが俺の強みだと思ってるから絶望的だよね。

今の俺は、単なるビッグマウスの馬鹿野郎だ。

シビアな仕事をすれば、多分お客さんにフレンドリーな対応はできなくなる。
俺は極論者だから。

すべてが悪循環でイヤにもなるよ。
Posted by 膝枕。 at 2006年02月27日 00:08
僭越ながら・・・

その「消えたい」気持ちがあるからこそ、
似たような窮地に立たされて苦しんでいる人の気持ちもわかるようになるし、力を合わせていくこともできるようになるのではないか、
と僕は思います。

判断停止に近い無防備な状態にあっては、悲鳴を上げることさえできず、その状態にあることを周囲の人に伝える方法さえわからずに、膝を抱えてうずくまるしかありません。膝を抱えてうずくまることができれば、いいほうかもしれません。いよいよとなったら、もう立ち尽くすのみです。情けなくて、みっともなくて。

でも、その気持ちが生身の人間が生きるこの世界では、絶対、大事なんだ。と、僕は思っています。
今日、僕の隣にいる人が、どうしていいかわからずに立ち尽くしているのかもしれませんから。
Posted by まこっちゃ at 2006年03月08日 12:53
>まこっちゃさん
遅くなりました^^;

もう記事を書いてから時間が経ったので、当時の気持ちとは違いますが、あの時はそんな余裕なんかなかった。
少なくとも前向きに考えるとか、先を見て行動するなんてことは全く頭になかったんです。

大事かな??
俺はそうは思いません。
社会に出れば、マトモに向き合うこと自体が時間の無駄になる人達がたくさんいるんです。
「社会」で生きていくために必要なのは「シビアさ」だと思います。

弱いことは単なるハンデにしかなりませんよ。
少なくとも俺の周りでは。
Posted by 膝枕。 at 2006年03月12日 21:35
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:24
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13843488

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。