2006年01月04日

キラキラ。

新年あけましておめでとうございますm(_ _)m
毎度毎度手前勝手な価値観を並べるだけの場所ではありますが、お目汚しでなければ是非とも本年も変わらずお付き合い頂ければ光栄と存じます。


さて、年も明けて3日が過ぎました。
年末年始も色々なことがありました。

年越しはお台場でした。
すっごい混んでたね。
さすがお台場。

23時55分。
VenusFortでプリクラ撮ってまして。
「年明けの瞬間は海で迎えたい」
と言われ。


ダッシュ(笑。


結局間に合わなかったんだけど、途中で景色がいい場所を見つけて、そこで2006年を迎えました。

海浜公園を散歩してたんだけど、カップルも家族連れもセレブもヤンキーもいっぱい。

クリスマスよりもラブラブムードはなくて、みんなで盛り上がろうって感じが心地よかった。
屋外テレビ観たり大道芸観たり。

その後初詣行こうってことになって、ドライブがてら都内をフラフラ。
3時くらいにたまたま浅草を通ったので、そのまま浅草寺で初詣。

明るくなってから家まで送り届けました。



↑ちなみにこれ友達の彼女との話ね(笑。
友達誘ったらバイト入ってて、たまたま一緒に居た彼女が付き合ってくれました。
普段は話し手の俺が聞き役に徹する程の強者。
でも、俺のためにスペアのマフラーを用意してくれたりする子。

いい年越しをありがとう(^O^)/


家に帰ると叔父さんが来てた。
親父と3人で飲みました。

父方が飲兵衛の家系なので、3人で飲む呑む。
やっぱり息子とか甥っ子が酒に付き合うのは嬉しいらしいね。
そんな元旦でした。




さっきね、夜の散歩してきたんです。
クソ寒い(〒_〒)


寒いと用がない人は外に出ないでしょ。
それと同じで、空気も澄んだ感じ。

雲もなくて星が瞬いてて。
風の音が耳に心地よい。

俺、お気に入りの場所があるんです。
自分の住むマンションの最上階。
階段が外付けなんで、空中散歩してる気分になれる。

13階だからさすがに寒いけど、視覚も聴覚もこの空気で一杯になるのがすごく好き。

たまらなくいい気分で、色々考えながら何も考えない感じ?
「浸る」
って表現がしっくりくる。

風って面白い。
目に見えなくて実体もない。
というか、それはモノですらなくて、なのに名前があって。
空気が流れてる「状態」だからただの空気なんだけど、人はそれに色んな気持ちを乗せて、言葉に乗せる。

ただ存在するだけで、目的はない。
でも感じる者には多様に映る。
そんな風に、人に何かを残す存在でありたいと思った。



ただ通り過ぎただけ

君が笑うため

どこ吹いた風でした

くるり かざぐるま

一青窈『かざぐるま』
posted by 膝枕。 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。