2005年12月07日

ひとりじゃないのよ・・・わかる???

もしも 強さが
君を 苦しめているのなら
何度も 歌うよ
君のために 届けるメロディー

積み重なってく 肩の荷物に
押しつぶされて 立てなくても
君の中に 僕がいること
それだけは 忘れないでね


こんなこと言われたら、今なら泣ける気がする。
たまに、誰でもいいから俺のことを愛してくれないかなって思う時がある。
俺に完全な安心をくれないかなって思う。
偉そうなこと言ってたって、結局俺はそんなに人間できてないんだよね。


もしも 弱さが
僕を 苦しめているのなら
何度も 聴くよ
君が奏でる あの音色を

心ない人の ウソやウワサに
傷ついて 立ち止まるけれど
僕の中に 君がいること
それだけで 歩いてゆける


俺のことを全部認めてくれる人が目の前にいたら、俺に対して見返りを求めない人がいたら。
俺は多分、最高の見返りをあげられる気がする。

自分が揺れてる時って、人に優しくされるのに弱い。
甘えちゃいけないって思う時もあるけど、そんな不安を消してくれるような人、俺にはるんだろうか。
自分のことしか考えてこなかったからなぁ・・・


君が ひとりを感じていたら 僕も ひとりになる
だから そんな悲しいことは 言わないで ずっと 一緒にいよう

だから
ひとりじゃないのよ わかるでしょ
君が僕の 心の奥ごと さらってく
ひとりじゃないのよ わかるでしょ
僕のハーモニー 君のハートに 重なってゆく



sonomi/ひとりじゃないのよ

KREVAと一緒に歌ってるバージョンがKREVAのアルバムに入ってたけど。
俺はこっちの方が好き。
posted by 膝枕。 at 22:41| Comment(4) | TrackBack(1) | 考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
膝枕。くん、お久しぶり。
ずっとここのとこ、悩んでいるみたいだけど大丈夫?人間は皆、弱くて完璧ではないんだよ。だから支えあって生きていけばいいんだと思うよ。

私も職場や友達や親にも弱い部分をあまり見せられない性格だけど、彼にだけは見せられるんだよね。恋愛ってそういうものじゃないかな。

男と女って、別れてしまえばただの他人だけど、付き合っている時には一番身近な存在・・・。
Posted by 美麗 at 2005年12月13日 10:00
美麗さんこんばんわ^^
たしかに悩んでますねぇ・・・
自分が周りにあげる思い遣りとか、気持ちみたいなものが、俺が思ってるほど扱いやすいものではなかったり。
人は完璧ではないし、弱い生き物だってのは分かってるんです。

でも、それを「仕方ない」って認めちゃうのは違う気がして。

俺って基本的に極論ばっかりだから、やっぱり苦労してます。
Posted by 膝枕。 at 2005年12月14日 21:20
カンペキじゃないジブンを受け止めてほしいのと同様に
相手の不完全さを認め許せることはあきらめや妥協ではなく、
それこそがすべて受け入れるということではないでしょうか(←えらそう^^;)。
甘えたっていいんじゃないですか。
Posted by サツ at 2005年12月14日 22:54
>サツさん
俺が許せないのは自分に対してだけですよ。
基本的に他人に何かを期待することは少ないです。
ある意味で、全部受け入れられる感性を持ってます(笑。

甘えますよ。
でも、自分でイヤになるんですよね。
自分に依存してるっていうんでしょうか。
他人に何も期待しない分、自分の不完全さがイヤなんですよねぇ・・・
不完全さを認めることよりも、それを少しずついい部分に昇華させようとする姿勢の方が大切な気がします。
Posted by 膝枕。 at 2005年12月14日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

嫌われたって構わない:2
Excerpt: つまり俺は勝手に愛しているので、とことん愛しているんです。 相手の、俺への想いは重要視されない。 わかりやすく言うと、片想い。 そう、片想いであると決めてしまえばスッキリする。 俺が愛する大切は..
Weblog: 迷ったら楽しい方を選ぼう
Tracked: 2005-12-24 18:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。