2005年11月30日

正直であるということ。

俺は、人を騙す嘘が嫌い。
自分が得をするために、他人を貶める行為が嫌い。

大嫌い。
許せない。

嘘が嫌いな人がいる。
嘘をつけない人がいる。
こう言えば、大抵の人は「いい人」に分類するんじゃないか。

俺は、自分がそう在りたいと思ってきました。
でも、最近それに疑問を持ち始めました。

思ってることを正直に相手に伝える。
そうした時点で、当事者間の未熟さによる落ち度みたいなもの、つまりグレーゾーンを相手に丸投げしてるんじゃないかなって思った。

こっちが正直過ぎると、それは相手を圧迫してしまうんじゃないか。

昔は、それは相手の未熟さが悪いと思ってた。
でも、俺は相手の未熟さを知ってて受け入れたんじゃないのか。
知らず知らずのうちに相手に期待してるのと変わらないじゃないか。

なんとなくそう思った。

人間関係って本当に難しい。
昨日友達に言われたんだけど、俺は自分に対して潔癖を求めてるみたい。
でも、周りには極力それを期待してないように見える。
それは、自分が完璧であれば、どんな人間でも受け入れられると思ってたからかもしれない。

でも、実際はそうじゃなかった。
それは単に「自分のことしか考えてない」のと同じこと。
相手の身になることなんて不可能じゃないか。

相手を本当に大切に思うなら、一緒に汚れてやればいいのに。
でも、それで勘違いさせてしまうのが怖い。

俺だって自分がわからなくて悩んでる。
いくら大切な人だって、丸ごと抱え込んであげられる余裕なんてないのに。
なんか何が悪いのかわかんないよ。
どうしたらいいのかわかんないよ。


あぁもう!!!!
posted by 膝枕。 at 23:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。