2005年09月18日

髪を。

切ってみました。
せっかくなので叫んでみました。
↓↓↓

image/determination-2005-09-18T21:34:21-1.jpg






デッサン調にしてみました。
↓↓↓

image/determination-2005-09-18T21:34:21-2.jpg



なんか俺っぽくない・・・かな^^;



中秋の満月って今日だったのね。
昨日見とれてた俺の立場って(笑。

まあ、綺麗なのは一緒か^^
posted by 膝枕。 at 21:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月の都。


昨日の夜、携帯から投稿しようと思ってたけど、気付いたら携帯握ったまま寝ちゃったのでこれから書きます(笑。


image/determination-2005-09-18T10:43:38-1.jpg


金曜日の夜から麻雀して、寝たのが朝の10時過ぎ。
起きたら夕方5時半だったからね(^_^;)
さすがに寝れねぇよ。


で、1時間くらい外をフラフラしてきました。

さすがに夜になると冷えるね。
Tシャツじゃ寒いくらい。


でも昼間よりも澄んだ空気。

暗くて静かな散歩道。

俺は好きだな。


煙草に火をつける。
吐き出す煙が夜空に映えて、上に向かって泳ぐ。

それを追って顔を上げると、柔らかい光をたたえた月。

あぁ、今夜は満月なのか。

俺は、月が好き。
自分で光ってるわけじゃないけど、ギラギラした太陽の光を受けて包み込むように光る。

見てると気持ちが落ち着くので、しばし見とれてしまう。


一人で月を見ると、必ず思い出す場所がある。

たまに夢に出てくる朝が来ない街。
名前は「月の都」。
そこが月なのかはわからないけど、そういう名前なんだ。
俺の中では。


イメージを伝えるのが難しいんだけど、東京の夜の街とは全然違う。

背の高い建物はなくて、広い道の両側にはたくさんの店。
果物が売ってたり、路上で演奏会してたり。

人もたくさんいて、みんな楽しそうに歩いてる。

もちろん実際には行ったことない街なんだけど、なぜか昔から住んでるような感覚。

賑やかさと静けさが同居してて、なんとも不思議な街。
まぁ、俺の夢の中だからね(笑。

イメージで言うと、途上国のバザールとかに近いかな。

とにかく、俺はこの街が好き。
夢なんだけど妙にリアルで、本当に行ったことあるみたいに思い出せる。
「そこはお前が前世を過ごした場所だ」
と言われれば納得してしまいそう。

いつか行けたらいいな。


image/determination-2005-09-18T10:43:39-2.jpg
posted by 膝枕。 at 02:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。